冷え性というのは主に女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)に多くみられる症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)で、最近だと寒くなる冬の時期に限らず、一年を通して冷え性の症状を訴える方が多くなってきました。冷え性とは血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)ともいい、たいして寒くもないのに手先や足先がひんやりと冷たくなってしまったり、お腹や腰も常に冷えている状態であったりという症状で、人によって症状の出方や症状の重さはそれぞれです。では、そもそも冷え性はどうして起ってしまうのでしょうか。それには、複数の原因が考えられます。まずは、血液が汚れてしまい、ドロドロになっていることがあげられるでしょう。脂っこい食事や味の濃い食事ばかり摂っていると、中性脂肪や糖が本来排出されるべき肝臓や腎臓で処理されず、血液中に残ってしまうのが原因で血液が汚れてしまうのです。血液がどろどろに汚れてしまうと、血行が悪くなり、その結果、末端の手先や足先まで血液が届かなくなって、冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)を引き起こしてしまうのです。また、血液のドロドロだけではなく、過度のストレスによっても血行不良が起こってしまいます。気分が高揚したり心配事をしていると、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)の働きにより血管が収縮します。それに、ストレスなどであまり体を動かさなかったり、同じ姿勢を続けていると筋肉が凝ってしまい、血行不良に陥ります。それに、日常での運動不足でも冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)を引き起こします。特に歩くことは非常に大切で、歩くことで血液循環が良くなります。併せて体を動かすことは筋肉をほぐすことにもつながるので、冷え性を防ぐにはなるべく運動をする事が重要です。さらに、体質以外の原因で、水分の摂りすぎでも冷え性になってしまいます。特に冷たいものを摂りすぎると胃腸機能が低下しやすく、大量の水分で冷え性を引き起こしてしまうのですー