個人再生を行うための料金はどのぐらいですか?

個人再生を行うと現在ある借金の残高を大幅に減額してもらうことが可能ですが、個人再生を行うことそのものに対する料金が発生することには注意が必要です。
料金として考えられるのは第一に「弁護士などの専門家に支払う費用」・第二に「裁判所に支払う費用」の2つを考える必要があります。順番に説明します。
まず、弁護士などに支払う費用ですが、これはそれぞれの法律家事務所によって料金が異なります。
多くの場合は着手金として40万円から50万円の費用になるのが相場です。
次に、裁判所に支払う費用ですが、これは申し立ての費用と裁判所が任命する「個人再生委員(手続きが完了するまで債務者のサポートをする人)」への報酬支払いの二つがあります。
裁判所への申し立て費用は3万円、委員への支払い費用は15万円程度です。
合計すると手続きにかかる料金は50万円から60万円程度ということになります。
「多い」と感じるかもしれませんが、個人再生を行うと借金の残高を5分の1程度にまで減額してもらうことが可能です(500万円の借金であれば100万円まで減額してもらえます)。
手続き行ったらどれぐらいの減額をしてもらえるのか?ということと、そのためにかかる費用(弁護士費用と裁判所費用の合計)を比較して、前者が大きいのであれば個人再生を行う価値はあるでしょう。