任意整理を選べば他のカードは対象にならない

債務整理にもいろんな種類があり、任意整理を選ぶことで借金の整理の対象にしてほしくない他のカードを守ることもできます。
このカードは金利が高くて生活が困窮する直接的な原因となっていることで任意整理の対象にし、これからも使いたいお得なカードローンを対象にしないことが可能です。
ただしこれからも使うことができるのかと言うとそれは疑問になります。

任意整理を行うと、貸金業者は個人信用情報機関にそれを記録します。
個人信用情報機関は、債務者の情報を記録している場所であり、多くの貸金業者がそれに照らし合わせてから審査を行います。
今までの借入金額から他社の借り入れ、そして債務整理の事実まで記録されることから、他のカードを守ったとしても、その貸金業者が個人信用情報機関に照会すると、他社で任意整理をしている事実が発覚することにあるでしょう。

そうなるとその守りたい他のカードを提供する貸金業者も、危ない利用者と認定して利用停止処分をすることが考えられます。
いつも使っているから見逃そうということはなく、貸金業者も利益を追求するために、リスクはなるたけ排除してこれから回収に走ることになるでしょう。
そう甘くはない世界がそこにあります。