特定調停という債務整理の特徴は

借金に苦しんでいる人を救済する目的として設けられているのが債務整理の制度ですが、この制度のひとつに特定調停という手続きがあります。
原則としてこの債務整理の手続きの仕方は他のものと特別違っている点はありませんが、裁判所を介しての手続きであるというのが特徴です。
特定調停とは、借金の返済に行き詰ってしまった債務者とお金を貸した側である債権者との間に簡易裁判所が介入して、債務者と債権者双方の話を聞きながら双方にとって納得のいくような債務債務整理の方法を決めていく制度のことです。
特定調停では債務者と債権者との交渉の末にお互いが納得行く結論が出た場合、返済条件の変更が認められるようになりますが、そのメリットは債務者にとっては返済が楽になること、債権者側は自己破産をされずに貸したお金が帰ってくる点にあります。
ただし、この特定調停の制度は借金に苦しんでいる人のすべてが手続きを行えるというわけではなく、利用できる条件が決められています。
特定調停では借金の減額など返済条件の変更が認められますが、自己破産のように返済の義務がなくなるというわけではありません。
原則として減額された借金は3年程度の期間で分割して支払っていくかたちになるので、その支払いができるだけの収入や経済力が必要になってくるのです。