結婚前に債務整理をしよう

結婚を目前に控えているけれど借金があるという人は、まずパートナーに正直に借金があることを打ち明けましょう。勇気のいることですが結婚後に借金がバレたほうが大変です。
結婚前に黙っているのは印象が悪いからです。
パートナーは騙されていたと思って離婚を考えるかもしれません。
その上で返済が困難な状況にある場合は結婚前に債務整理をしましょう。
債務整理にはいくつかの種類があるので自分に適したものを選択する必要があります。
任意整理は金融機関と借金減額の交渉を行います。
当事者間での解決を目指すのが特徴です。
ただ、自分で交渉しても金融機関に相手にされない可能性が高いです。
任意整理をするときは弁護士や司法書士に依頼したほうが賢明でしょう。
個人再生は裁判所に申し立てて借金を減額してもらいます
減額した借金は通常3年で返済しなければなりません。
特別に事情があれば5年で返済することも認められます。
なお、借金の総額が5000万円以下であること、借金を返していくだけの安定した収入があることが求められます。
破産も裁判所に申し立てます。
任意整理や個人再生と違って借金は完全になくなりますが財産を処分しなければなりません。
最後の手段と考えておいたほうが良いでしょう。
結婚前に債務整理をして身奇麗になった上で新生活を開始しましょう。