おまとめローンでも、在籍確認不要で申し込めるところはあるの?

おまとめローンは在籍確認なしで融資を行うことはない

おまとめローンとは、複数の金融機関からの借り入れをまとめて、一社で一本化することで、金利や月々の返済額、返済総額を下げるための借り換えローンのことです。

おまとめローンの対象になるのは、他社のカードローンだけではなく、クレジットカード会社のキャッシングや、リボ払いや分割払いにしているショッピングの残債も、一本化することができます。

ですが、おまとめローンはそもそも、多重債務を抱えている人が利用することが多く、通常のカードローンより融資額が大きくなることから、審査が厳しくなっています。

そのため、おまとめローンの審査の際には、必ず職場への在籍確認の電話が入ります。

つまり、在籍確認不要で、おまとめローンの借り入れをすることはできないのです。

また、おまとめローンは返済専用ですので、通常のカードローンのように、利用限度額の範囲内で、何度も追加融資を受けることもできません。
その分、金利が低いなどのメリットもありますが、借金完済を目的に借り換えるための金融商品と、理解しておくことが大切です。

在籍確認不要のカードローンで借金を一本化するという方法も!

とはいえ、職場に金融機関から電話がかかってくること自体が、困る人もいることでしょう。
その場合は、利用限度額が高めに設定されている、銀行カードローンを利用して、借金を一本化するという方法があります。

ただし、銀行カードローンの場合は、在籍確認は必ず行われます。

どうしても在籍確認がないところで借り換えたい場合は、消費者金融の中で、そうした対応をしているところを選ぶしかありません。
消費者金融であれば、直近2~3カ月の給与明細書や源泉徴収票、社員証などで、在籍確認ができるところがあります。

借入先が複数でも、借入総額が年収の3分の1以下であれば、他社の借り入れを一本化したいことを伝えて、消費者金融で借りるのも選択肢の一つです。

その際、借り換え専用のローンを組むのか、通常のカードローンで一本化するのかは、担当者に相談してみるのもよいでしょう。

とはいえ、同じ金額を借り換えるなら、金利が安いにこしたことはないので、在籍確認不要かどうかより、返済総額を下げる方が大事という考え方もあります。
借金完済のために、少しでも返済総額を減らしたいと考えるなら、在籍確認の電話が入っても、銀行で借り換える方がおすすめです。
自分に合った金融機関はどちらか、考えてから申し込みましょう。

おまとめローンで借入金額が高額になっても審査に通る方法はある?

おまとめローンはそもそも審査が厳しい

おまとめローンはそもそも、多重債務者を対象にした、借り換えローンです。
複数の金融機関からの借り入れを一本化することで、借入総額は変わらなくても、そこにかかる金利を下げることができ、月々の返済額や返済総額が減らせるなど、メリットが大きい金融商品です。

ですが、複数の借り入れがある申込者に対し、50万円以上の高額融資を行うわけですから、審査はどうしても厳しくなります。

そのため、借入件数が3件以内であれば、おまとめローンへの借り換えができる可能性が高いですが、4件以上になると難しく、5件を超えている人は審査に通ることはありません。

これは、同じ返済総額なら、借入件数が少ない人の方が、金融機関からの信頼度が高いからです。
そのため、確実におまとめローンの審査に通りたいと思うなら、小口の借り入れを返済して、借入件数を減らすのが早道なのです。

高額な借り入れなら銀行カードローンも検討しよう

とはいえ、多重債務がふくらんで、100万円を超える高額な借り入れをしないと、借金が一本化できない人もいることでしょう。
おまとめローンは返済専用なので、審査が厳しい分、金利は低めに設定されています。

ですが、他社への支払いを済ませたら、後はおまとめローンの返済を続けるだけなので、通常のカードローンのように、追加融資を受けることができません。

また、金融機関によっては、おまとめローンの実行にあたり、他社との契約の解除や、新規借り入れの禁止を、契約事項に盛り込んでいるところもあります。
その場合、万が一、急に現金が必要になった時に借り入れができなかったり、内緒で借り入れしたことがバレて契約解除になり、一括返済を求められることもあります。

そうした事態を避けるためには、おまとめローンで無理に一本化するのではなく、高額融資をしている銀行カードローンでの借り換えをするのも、選択肢の一つです。

その場合は、利用限度額の範囲内で何度も追加融資を受けられますし、借り換えの際に他社のおまとめに利用したいと伝えると、返済を代行してくれることもあります。

とはいえ、高額な利用限度額で申し込みをすれば、どうしても審査は厳しくなります。
一社でもくり上げ返済をするなど、自分の属性をあげる努力も必要です。

年収の高さより、勤続年数の長さを重視されるので、転職したばかりで申し込むのは不利です。
年度末の決算月は審査が甘めなので、申し込むタイミングも検討しましょう。